ダイエットナビ

ダイエットに関するメモ・覚書などを投稿しています。

ダイエットナビ - ダイエットに関するメモ・覚書などを投稿しています。

豆腐はダイエットにぴったりの食品

ダイエットにいいとされている食品はたくさんありますが、中でも重宝されているものが豆腐です。
豆腐は栄養価が高く、様々な方法で料理に用いることができるため、日本人はよく使います。
豆腐はなぜダイエットに良い食品なのでしょうか。
豆腐の原材料である大豆は畑の肉と呼ばれるほどたんぱく質が豊富に含まれています。
人間の体のほとんどは水とたんぱく質で形成されており、ダイエットをした人はとくに筋肉をつける必要があります。
筋肉は活動中だけでなく睡眠中も代謝を続けているのでたんぱく質が不足すると筋肉が衰え代謝が悪くなりやせにくい体質になってしまいます。
大豆はたんぱく質の豊富な食材ですが、体内に吸収するのは難しいものです。
豆腐に加工することで、たんぱく質の摂取効率がアップします。
カロリー量が低いことも、豆腐のいいところです。
ダイエット時にはおかずにしてもいいですし、主食にしてもいいですし、様々な局面で利用できる食材といえます。
他に豆腐にはさまざまな栄養成分が含まれています。
カルシウムは骨を形成する健康には欠かせない栄養素ですが、ダイエット中は栄養が偏りがちでカルシウムが不足することが多いといいます。
豆腐にはカルシウムが含まれておりたんぱく質と一緒に体内に摂取できるので吸収されやすのが特徴です。
ダイエットをしている時に役立つ豆腐レシピは色々なものがありますので、積極的に使っていくといいでしょう。

食事で痩せるダイエット

日々の食事内容を変えることでできるようなダイエットのやり方にはどんなものがあるでしょうか。
単純に生きるために栄養を摂るものが食事ではなく、日々楽しむものでもあるといえます。
食べたいという欲求のままに、制限無く食べれば体重は増えます。
大昔、人間の手に入る食料はわずかでした。
人の体は、たくさんの食事を摂取できた時には脂肪として体に溜め込み、食べ物が少ない時を乗り切れるようにつくられています。
今は食べることに困らない時代です。
ダイエットは食事の工夫をして、摂取カロリーを少なくしなければすることは不可能です。
急激に血糖値が上がらないような食べ方をすることが、痩せるためには大切になってきます。
ダイエットに効果的なのは、サラダやスープなどの低カロリーで量の多いものを食べて、後からたんぱく質や炭水化物にするような食事メニューにすることです。
痩せる食べ方として、噛む回数を増やすというダイエット方法もあります。
いつもより5~10回くらい噛む回数を増やすといいでしょう。
一口に食べる量を減らす食べ方も痩せるダイエットにつながります。
間食は控えた方がいいですが、空腹状態が長く続くと、その後の食事でつい食べ過ぎてしまいます。
ダイエット効果の期待できる痩せる食べ方として、ちょっとお腹がすいた時にはドライフルーツを少しだけ食べるなどの方法もおすすめです。

毎日じゃなくてもいいんじゃない?

酵素ダイエットの性格のひとつが、食事を酵素ドリンクに置き換えて
摂取カロリーそのものを減らす、という「置き換え」ダイエットです。

置き換えダイエットというと、おなかがすく… という理由で
続けられずに挫折する人も多いようですが、
私は、「置き換えダイエット」は「毎日やらなくてはいけないものではない」と思いますし、
また必ずしも、「食事と置き換えなくてはならない、というわけではない」とも思っています。

どういうことかというと…

たとえば、10日間のうち、5日、1食の食事を酵素ドリンクに置き換えてみるとすると、
何もしないのと比べて、
(1食あたり600キロカロリーのカロリーカットになったと仮定して)
10日間で、3000キロカロリーのカットができるということです。

これをもし1ヶ月30日間、続けた場合、
1か月で9000キロカロリーの、カットになります。

また、例えばですが、
よく街で見かけるおやつ「コアラのマーチ」は、1箱でおよそ300キロカロリーですが、
こういったものを毎日おやつに食べることをやめて、酵素ドリンクに置き換えてみてはいかがでしょうか?

私も経験がありますが、会社で仕事をしていたりすると
疲れも手伝って、「ついつい」お菓子に手が伸び、余計な脂肪を身につけてしまうんですよね。
そんなとき、おいしい酵素ドリンクが手近にあれば、ダイエットの強い味方になってくれると思います。

酵素ダイエット 効果